Happy Life Science!! (仮)

そういうのはTwitterかTumblrでやってくれない?と言われるようなゴミ記事を垂れ流していきます

ポートレート レタッチの教科書

カメラというか写真の本ではこれがおすすめです。

ポートレートAdobePhotoshopレタッチの教科書 (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル)

ポートレートAdobePhotoshopレタッチの教科書 (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル)

いわゆるフォトショ修整の本ではなく、写真の色合いや明るさが自然に見えるように整えるレタッチの本です。

  • レタッチはしない
  • Photoshopは持っていない
  • ポートレートは撮らない

ということは問題ではなく、この本を読むと少し本質的な部分が見えてきた気がします。

 

写真の色をよく見ること

 

周囲に植物があると肌が緑かぶりしていたり、色が偏ったりします。

人間の目は比較対象がないと微妙な色の違いが分かりにくいので、実際にトーンカーブを動かしてみないと色がおかしいことに気が付かなかったりします。

本書ではPhotoshopの調整レイヤーを多用していますが、調整レイヤーの無いLightroomでも同様のことはできます。

 

欠点はレタッチ前の写真が小さいので、レタッチ後との違いが分かりづらいところかな。