Happy Life Science!! (仮)

そういうのはTwitterかTumblrでやってくれない?と言われるようなゴミ記事を垂れ流していきます

「軍艦金剛航海記」を読んで

軍艦金剛航海記

芥川龍之介

http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/51865_40605.html

 

この作品のことを知ったのはTwitterのタイムラインでだと記憶している。

 

当時の最新鋭戦艦金剛の日常が描かれている短編作品であるが、士官と下士官の艦内での待遇の違いが読み取れる。自分のスキルでは、それ以外は残念ながら読み取れなかった。これ以上の内容を読み取ることは、文学作品の読み方が分かる人に任せたい。

 

士官と下士官の間には「越えられない壁」があるのは当時も今も周知である。それなのにどうしてそのようなことをあえて書いたのかは分からない。芥川が書きたかったことは別のことかもしれない。

 

芥川は当時、海軍機関学校で英語の教官をしていた。その縁で「数日間だけ金剛に乗せてもらった」ことを日記代わりに書いているのかもしれないし、その事へのお礼代わりに書いたのかもしれない。

 

芥川龍之介 - Wikipedia